交通事故の加害者が任意保険に入っていない場合の慰謝料はどうなるか?

自動車の運転をしている人のほとんどが任意保険に加入しているものです。
しかし、だからといって全ての人が必ずしも加入しているわけではありません。
経済的な問題やその他にも保険に加入する必要はない、自分は事故を起こさないなどと安易な考えで加入しないという人もいるようですが、万が一事故を起こしてしまった場合や事故に遭ってしまった場合、加害者が任意保険に加入していなかった場合にはどうなるかというと、自分が被害者であった場合には加害者側の自賠責保険は最大限まで使用してもらい、その他足りない部分に関しては、直接話を進めていく事になります。

相手が任意保険に加入していない場合は弁護士に賠償問題を解決してもらう

しかしこの場合相手に保険会社が入るわけではありませんから、双方間での話し合いに食い違いが生じてしまいしっかりとしたお金が支払われないといったケースもたくさんあります。
頼れるのは弁護士のみとなってしまいますので、このようなケースで事故に巻き込まれてしまった際には必ず弁護士を通じて先方への請求をしっかり行っていくようにしましょう。
また自分自身が加害者であった場合についても同じく保険に加入していなければ全て自腹を切って、保証を行っていかなくてはなりません。通院費はもちろんのこと通院や入院によってお仕事を休んでいるのであれば、先方が仕事を休んだ期間の収入に関しても補填しなければなりませんので、大きな負担となることは間違いないでしょう。

自賠責保険で支払われる金額というのは本当に最小限のものになっており、治療期間が長くなったりすれば、当然ながらしっかり補えるものではありません。
そこで先方に対しての保証分について、どのように計算していけばよいのかが分からなくなってしまうことや、先方からの請求が大き過ぎてしまい自分では判断できないといった場合にも弁護士を頼るのが1番の方法だと言えます。
加害者が任意保険に加入していなかった場合の被害者についても、なかなか必要なお金を支払ってもらうことができないといった悩みを抱えてしまうことになりますが、自分自身が加害者になってしまった場合を考えると、先方への保証が非常に大きくなってしまいますので予め任意保険には必ず加入しておいた方が良いといえるのではないでしょうか。

任意保険に入っていないがために多額の借金を背負う人もいる

保険に加入しておらず支払うお金を持っていないからといっても流れるものではありません。
中には交通事故を起こしてしまい保険に加入していなかったために、先方への保証として自分が大きな借金を背負ってしまったという人などもいますので、自分自身がこのような立場にならないためにも任意保険に加入しておく必要があるでしょう。
また、必要以上に先方からの請求が続いてしまう場合や、万が一にでも脅しをかけられてしまうなどといった場合には、やはり専門家である弁護士を通じてしっかりとした示談交渉についての話し合いを持っていかなくてはなりません。