任意保険の補償を受けたければ事故直後に保険会社に連絡する

近年では自動車の運転をする際に必ずといって良いほどに保険に加入している人がほとんどです。
やはり万が一のことを考えればこのように、任意保険に加入しておくというのはとても大切なことであり、自分が加害者になってしまった場合はもちろん、被害者になってしまった場合であっても保険に加入しておくことにより、保険会社からさまざまな保障が受けられるといったメリットがあります。

交通事故に遭ったら必ず保険会社に連絡する

もちろん自分が加害者になってしまうことを考えた場合であっても保険に加入しておけば保険会社から様々な部分に対しての保証が行われますので、自腹を切って慰謝料などを支払う必要がないといったメリットがあるでしょう。
事故を起こしてしまった場合もしくは交通事故に巻き込まれてしまった場合には必ず保険会社に連絡をするようにしてください。

万が一自分自身が何かの理由で保険に加入していない場合であっても、先方の保険会社に加入している状態であれば先方の保険会社に連絡を入れて、そこからしっかりとした話し合いを進めていかなくてはなりません。
保険会社に連絡を入れずその場で特に怪我もないので良いなどと簡単に口約束をしてしまうと、その後体に痛みが出てきたりした時にも話を進めていくことができなくなってしまいます。
必ず警察そして保険会社に連絡をしておくことで、その後はどのような話合いに関してもしっかりと行うことができますし、その他納得のいかない形になった場合には、弁護士を通じて先方の保険会社に意思表示をしていくことで十分な保証が受けられるといった部分を考えても、連絡をすべきだといえるでしょう。

被害者から後になって新たな被害を訴えられないよう保険会社には事故直後に連絡

特に自分が加害者になってしまった場合には警察や保険会社への連絡はしないで欲しいと思ってしまうものですが、ここで連絡をせず、相手とその場で簡単な口約束などをしてしまうと相手がその後体の痛みを訴え警察や弁護士などを通じて話をしてきた際にどうにもならなくなってしまいます。
あとになってから保険会社に連絡をしても事故が起きてその場で連絡をしていなければ保険会社が対処してくれませんので、こうした部分をしっかり踏まえながら、万が一事故を起こしてしまった、もしくは巻き込まれてしまった時には保険会社に連絡を入れることを覚えておきましょう。

それぞれの保険会社では万が一の際にわかりやすく連絡が出来るような小さなメモなどをドライバー専用に準備していてくれますので、こうしたものを持ち歩くのも良いし、携帯電話に保険会社の担当者が携帯番号も登録しておくというのも良い方法になります。
いざというときに連絡ができないのは困りますので、必ずいつでも連絡できるような状況にしておかなければなりません。
万が一担当者の休みの場合であっても代理の担当者が事故対応を行ってくれますから、早急に交通事故の初期対応を行ってもらうようにしてください。